東濃新報社の新春恒例「名士迷作展」のご案内が届きました。

第44回新春恒例「名士迷作展」
主催 東濃新報社
多治見市音羽町4-11-1
電話 0572-22-4306

出品作は一律1万円で販売。
売上の全額をを地元各市の文化事業に寄付。
販売作品78点。

今年のチャリティー展は当日会場で抽選会を行いません。
事前に申し込み事前抽選で行われます。

抽選の事前申込は1月20日までです。

応募方法は
①往復はがきで
送り先 〒507-0037 
多治見市音羽町4-11-1
東濃新報社チャリティー展抽選申込 宛
②Eメールで 送り先 meisi@tono-info.jp
③東濃新報社に直接 その場で所定の投票用紙に記入

☆郵便番号・住所・氏名・連絡先電話番号を明記(作品の選択は不可)

☆ご家族の人数分申し込み可能。但しお1人1回に限ります。

☆当選者と当選作品の発表は1月末までにご連絡。

☆当日の受け取りは代理の方も可能。

2月6日(土) 当日の流れ
ところ バロー文化ホール(多治見市文化会館)展示室B
10:00~14:00 どなたでも自由に展覧会がご覧になれます。
14:00~15:00 当選証を提示し当たった作品をご購入(15時以降無効)
15:00~16:00 引取のなかった作品をどなたでもご自由にご購入可能。

申込時の作品の選択は不可で
当たった作品をご購入して下さいと書いてありますので
当日気に入った作品が当たった人が
どれくらいいるのか今回予想がつきません。

出品作家

鈴木藏 加藤孝造 林正太郎 安藤日出武 中島克子
林恭助 鈴木徹 加藤亮太郎 新里明士 駒井正人 他

新春恒例「名士迷作展」
主催 東濃新報社
往復ハガキ

国立工芸館は10月25日にOPENします。

皇居のほとりから、工芸のまちのなかへ。

東京国立近代美術館工芸館は
石川県金沢市へ移転します。

移転後の通称は「国立工芸館」。

日本海初の国立美術館としてオープンします。

館長は唐澤昌宏さん。
名誉館長は中田英寿さん。

特別展
「国立工芸館 石川移転開館記念展Ⅰ
工の芸術-素材・わざ・風土(仮称)」
2020年10月25日(日)-2021年1月11日

オープンしたらぜひ見に行きます。

国立工芸館
OPEN 

愛知県文化芸術活動応援金のご紹介

愛知県文化芸術活動応援金
申請期間:6月17日~2021年2月28日

愛知県は、新型コロナウィルス感染症の影響により、
活動の場が減少したアーティストや文化芸術団体等の活動を支援するため、
愛知県独自の応援金(文化芸術活動応援金)を交付します。

交付額(定額)
法人:20万円
個人事業者:10万円

交付申請は、オンラインで受付します。
郵送の申請でも可。

陶芸家、作家など申請出来ます。
ぜひ一度申請出来るかお問い合わせ下さい。

交付対象者
次のいずれにも該当する文化芸術活動関係者(芸術家業他)
1 国の「持続化給付金」が給付された者であること。
2 申請時点から起算して過去1年以上、法人の場合は愛知県内に事業所があること、個人事業者の場合は愛知県内に住所地又は事業所があること。
3 申請時点から起算して過去1年以上、愛知県内において活動する文化芸術活動関係者であり、今後も愛知県内で活動を継続する意思があること。

交付期間
2020年6月17日から2021年2月28日まで
※電子(オンライン)申請の送付完了締切は、2021年2月28日の24時まで
※郵送の場合は、2021年2月28日当日消印有効

問い合わせ 
愛知県文化芸術活動応援金事務局 (愛知県県民文化局文化部文化芸術課内)
電話:052-954-7459
FAX:052-308-6981

愛知県文化芸術活動応援金

「和巧絶佳展 令和時代の超工芸」のトークに申込ました。

特別企画 和巧絶佳展 令和時代の超工芸
2020年7月18日(土) – 9月22日(火・祝)
パナソニック汐留美術館

和巧絶佳展 
令和時代の超工芸

今日からトークの申し込みが始まりました。
1つに申込出来ました。

各定員が50人と少なくなりましたので
まだ申込できるかはお電話でご確認してください。

アーティスト・トーク 
「和巧絶佳展アーティスト・トーク 自作を語る 桑田卓郎×舘鼻則孝×深堀隆介」
日時2020年8月10日(月・祝)午後2時~午後3時30分
パネラー 桑田卓郎氏、舘鼻則孝氏、深堀隆介氏

トークショー 工芸家さんいらっしゃい

1「素材の美しさを引き出しちゃう工芸家」
日時 2020年8月22日(土)午後2時~午後4時
パネラー 安達大悟氏、坂井直樹氏、佐合道子氏、新里明士氏、橋本千毅氏

2「手わざの限界を超えちゃう工芸家」
日時 2020年8月23日(日)午後2時~午後4時
パネラー 池田晃将氏、髙橋賢悟氏、見附正康氏、山本茜氏

各定員先着50名(要予約)

【アーティスト・トーク、トークショー お申し込み方法】
ハローダイヤル(03-5777-8600)へお電話にてお申し込みください。
①イベント名 ②参加人数(一度に2名までお申し込みいただけます) ③氏名(全参加希望者) ④住所 ⑤電話番号を承るほか、簡単なアンケートにご協力いただきます。
2020年5月11日(月)より受付開始
ご予約の受付時間 午前8時~午後6時
ご予約の受付は先着順、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

来年のひびのこづえ展は2021年4月3日(土)~5月9日(日)に開催致します。

来年のひびのこづえ展は
2021年4月3日(土)~5月9日(日)に
開催致します。

来年は21回目の開催になります。

今から予定に入れてぜひ見に来て下さい。

来年はコロナが終息して元にように戻っていることを願っています。

ひびのこづえ
バック 刺繍

10日 日曜美術館「萩焼 三輪休雪の世界」を見ました。

花器の表面を錆びた刀で削いで
エルキャピタンの表情を作っていました。

制作風景や工房など見れて
良かったです。

再放送
(NHKEテレ1・東京)
5月17日(日)午後8:00~午後8:45(45分)

NHK+
5/17(日) 午前9:45 まで配信

NHK 日曜美術館 
HPより引用

昨年6月に三輪窯に行って来ました。

今年11月7日(土)からのぐいのみ展に
十三代三輪休雪さんに作品1点ご出品して
いただけることになりました。

今からぐいのみの作品とても楽しみです。

山口県立萩美術館で9/12からの
三輪龍氣生展もぜひ見に行きたいと思っています。