16日瑞浪市市之瀬廣太記念美術館に行って来ました。

嚢 伊村俊見の陶(12/8まで)
瑞浪市市之瀬廣太記念美術館

対談会 伊村俊見の陶
正村美里(岐阜県美術館副館長)× 伊村俊見
を聞きに行って来ました。

対談の後に作品の前で
アーティスト・トークも
ありました。

とても見ごたえのある黒陶の作品です。

ぜひ見に行って下さい。

嚢 伊村俊見の陶

15日夜名古屋のミッドランド・クリスマス2019を見て来ました。

ミッドランド・クリスマス2019
〜ホワイト・ファンタジア〜

吉川公野&ツァイ・シャオチー

12月25日(水)まで開催中。

吉川公野さんは吉川正道さん千香子さんの
息子さんです。

とても綺麗ですので名古屋駅に行ったついでに
ぜひ見に行って下さい。

夜が綺麗だとお聞きしましたので
金沢の帰りに見て来ました。

ミッドランド・クリスマス2019
吉川公野&ツァイ・シャオチー

15日金沢に行って来ました。

KOGEI Art Fair Kanazawa 2019
KUMU金沢
11/15(金)プレビュー
11/16(土)17(日)

32のギャラリーが見れます。

KOGEI Art Fair Kanazawa
2019
ギャラリーヴォイス
中島克子 作品

「石川・金沢に国立工芸館ができると何が変わるのか?」
東京国立近代美術館工芸課長
唐澤 昌宏氏
を聞いて来ました。

110名で会場満員でした。

来年国立工芸館が金沢に移るそうで
今からとても楽しみです。

「石川・金沢に国立工芸館ができると何が変わるのか?」
唐澤 昌宏氏

金沢21世紀美術館

開館15周年記念
現在地:未来の地図を描くために[1](12/19まで)

エルネスト・ネト 《身体・宇宙船・精神》 2004
の作品の中に入れます。

すべての持ちモノ(メガネを除く)を取り出し
靴を脱いで入ります。

エルネスト・ネト 《身体・宇宙船・精神》
金沢21世紀美術館 HPより引用

第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ(11/21まで)

山浦陽介 田中悠 戸叶惠介 花塚愛 津守秀憲 
が入選していました。

第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ

優 艶(12/1まで)
山の上ギャラリー

漆/黒木沙世 陶芸/吉村茉莉

吉村茉莉さんにお会い出来ました。

優 艶

新・工芸茶会 作品展 あたらしい茶道具展(11/24まで)
金沢クラフト広坂

板橋廣美さんの茶碗が見れます。

ぐいのみ展作品紹介6(泉水)

泉水
差呑盃 ぶちねずみ(共箱)
径9.2×9.2 h3.3
20,000円+消費税

泉水
差呑盃 ぶちねずみ

泉水
差呑盃 はつかねずみ(共箱)
径9.1×9.3 h3.7
20,000円+消費税

泉水
差呑盃 はつかねずみ

泉水
差呑盃 やまね(共箱)
径9.1×9.1 h3.6
20,000円+消費税

泉水
差呑盃 やまね

泉水
差呑盃 とのさまがえる(共箱)
径9.0×9.0 h3.7
20,000円+消費税

泉水
差呑盃 とのさまがえる

泉水
差呑盃 マヌルネコ(共箱)
径8.9×8.9 h3.5
20,000円+消費税

泉水
差呑盃 マヌルネコ

13日名古屋の爲三郎記念館に行って来ました。

茶 -祈りと楽しみ-
千宗屋好み興福寺中金堂献茶道具初公開(12/8まで)
古川美術館の分館「爲三郎記念館」

出品作家
赤木明登(塗師)
加藤亮太郎(焼物師)
佃眞吾(指物師)
津田清和(焼物師)
長谷川清吉(金物師)

茶 -祈りと楽しみ-
千宗屋好み興福寺中金堂献茶道具初公開

12日京都に行って来ました。

丹波の帰りに
京都に寄って来ました。

新宮さやか展
-Chasing after a kind of Mirage-(11/24まで)
器館

新宮さやか展
-Chasing after a kind of Mirage-

小島 修「真朱と群青」(12/21まで)
現代美術 艸居

小島 修
「真朱と群青」

雨の日も風の日も 

器館の近くに
パン屋さんがありました。

初めて行きました。

雨の日も風の日も 
パン屋さん