堀貴春展と酒井智也展の開催のご案内

堀貴春展
7月17日(土)-8月1日(日)
10:00-18:00
月・火休廊
開催スペース 1階ギャラリー1・3

堀貴春展

アーティストトーク
7/17(土)19:00-19:30
オープニングパーティー
7/17(土)19:30-21:00

作家在廊日 7/17(土)8/1(日)

コメント
昆虫が好き。そして形を作る者として昆虫の形への美しさに対する嫉妬は大きい。

常に心掛けているのは「本物を尊重すること」
本物には今まで積み重ねてきた進化という「背景」があるからこそ
形や色が美しいのであり、いくら外見を忠実に模刻、スキャンしても
それと同じレベルに並ぶこともなければ、上回ることもない。

だからこそ同じ土俵では無く、
その進化で形成された造形的な美しさや構造的な面白さを
私なりに強調させる事で新たな昆虫、
何億年後の進化の形を想像して本物が持つ「背景」を
超える形を作る挑戦をしています。

酒井智也展
7月17日(土)-8月1日(日)
10:00-18:00 月・火休廊
開催スペース 2階ギャラリー2

酒井智也展

アーティストトーク
7/17(土)19:00-19:30
オープニングパーティー
7/17(土)19:30-21:00

作家在廊日 7/17(土)18(日)24(土)25(日)8/1(日)
※13:00ー17:00
初日のみ 13:00ー21:00

アーティストコメント

粘土とロクロ技法を活用して、無意識下に眠る形を探っていく。
作品には、過去に見た 景色、情報、映像、様々なイメージが多層的に潜んでいる。
それらのイメージはすべての 人に共通する部分があり、
作品を観ることで無意識下に消えてしまった大切な記憶を呼び 覚ますきっかけになることを願う。

本展示では新しく〈Heritage series〉として他者の記憶に焦点を当てた作品も発表する。
ひとりの人生の記憶を時間をかけて聞き取り、私の中に取り込んでいく。
それらの記憶 の断片は粘土とロクロを通して抽象化され、立体物として立ち上がる。
その記憶の形は、 観た人の記憶を触発し、新たにそこに存在し始める。
歴史に残らない何気ない記憶を、この世界に大切に残していきたい。

堀貴春展と酒井智也の販売方法について

初日お客様が並ばれた場合は整理券を発行させていただきます。

詳しくはギャラリー
メール info@gallerysuki.com
までお問い合わせください。

次のページにも詳しくお書き致します。