ひびのこづえ作品紹介109(背骨と腰骨のグレーバッグ)

ひびのこづえ
2020-253 背骨と腰骨のグレーバッグ
w46 d24 h65(33)
27,500円 sold out

テレビ番組の衣装だったバッグ。
オールインワンで本当は上下が逆さま。
袖をバッグのマチにして足は持ち手になっている。
しっかり衣装として役目を果たしたので、
生地が経年劣化していますがそれも味と楽しんで下さい。
背骨や水玉や腰骨も、一つづつステッチで留めて丁寧に作られています。
裏と表で表情が変わり、肩に掛けて楽しめるバッグです。
内側のオレンジもキュート。軽くて散歩の足も軽やかになりますよ。

2020-253 
背骨と腰骨のグレーバッグ

ひびのこづえ作品紹介108(燃えるシルバーのネットとピンクのゾウバック)

ひびのこづえ
2020-134 シルバーのネットとピンクのゾウバック
w43 d10 h47(31)
26,400円

野田地図の「キル」の舞台で、
麻の河を表現するために使った衣装のシルバーメッシュと、
蛍光黄色の服を重ねて作ったバッグです。
サバンナをゆっくり歩いてゾウを、イメージに重ねて見ました。
シルバーメッシュをほつれない様に、
ビニールで始末しているのを久しぶりに見て、
舞台衣装って大変だと思ってしまう私です。

2020-134 
シルバーのネットとピンクのゾウバック

ひびのこづえ作品紹介107(燃える炎にワニがいるタックバッグ)

ひびのこづえ
2021-10 燃える炎にワニがいるタックバッグ
w50 d16 h62(43)
26,400円

野田地図「桜の森の満開の下」の般若衣装の為に、
インクジェットでプリントした生地ですが、
残念ながら色を変更することになり、使わないままになりました。
この布地は。クッション性がありふんわりと触り心地も良くて気に入っています。
大胆な炎の中に涼しい顔をしたクールなワニがゆったりと動いています。
裏地にはオレンジのメッシュを使い中もビビットで中を覗く度に元気になりそう。
柔らかい風合いを残す為に真を入れずに柔らかく作っています。
大きいけど軽いので小旅行やスポーツバッグとしても楽しめます。

2021-10 
燃える炎にワニがいるタックバッグ

ひびのこづえ作品紹介106(黒レースにブルーの水生生物バッグ)

ひびのこづえ
2021-3 黒レースにブルーの水生生物バッグ
w49 d10.5 h66(38)
26,400円

パフォーマンスのベース衣装に使っている、ストレッチレースの残布を、
キャンバス地と合わせ透け感を楽しめるバッグを作りました。
大きめのバッグですが、花をモチーフにしたレースの繊細さと、
キャンバスの生成りの組み合わせがクールです。
太めの持ち手からつながるところに、タックが入り柔らかい立体感も魅力です。
持ち手が、少し長めなので、沢山入れても中身が出しやすく、
ハードにも繊細にも使って下さい。

2021-3 
黒レースにブルーの水生生物バッグ

ひびのこづえ作品紹介105(黄色とピンクと薄紫レースに紫のリーフバッグ)

ひびのこづえ
2021-1 黄色とピンクと薄紫レースに紫のリーフバッグ
w44 d5.5 h57(38)
26,400円

パフォーマンスのベース衣装に使っている、ストレッチレースの残布を、
キャンバス地と合わせ透け感を楽しめるバッグを作りました。
ざっくりとした大きさのバッグですが、
レースの繊細さと色の可愛らしさでウキウキしそうです。
マチが少なめのバッグで軽やか。
そしてタックが入っていることで柔らかい立体感も魅力です。
太めの持ち手は肩に馴染見ます。

2021-1 
黄色とピンクと薄紫レースに紫のリーフバッグ