香川に行って来ました。その3 四国村

四国村

四国各地から
移築された建造物33棟が
当時のままの姿で村の
あちこちに点在しています。

かずら橋も
渡って来ました。

四国村ギャラリーは
安藤忠雄氏設計です。

ピカソの絵やペルシャ陶器が
展示してありました。

四国村

うどんのわら家

四国村の入口にあります。

釜揚げうどん
美味しかったです。

うどんのわら家

屋島神社

とても見晴らしがいいです。

屋島神社

骨付鳥の総本山
『一鶴』高松店

高松のソウルフード
の骨付鳥を食べて来ました。

スパイシーで親どりは
歯ごたえがありました。

高松市美術館の近くです。

屋島にもお店がありました。

骨付鳥

香川に行って来ました。その1 高松市美術館

「起点としての80年代」(12/16まで)
高松市美術館

「起点としての80年代」

金沢21世紀美術館でも見ましたが
公開制作された日比野克彦さんの
茶室《J-TRIP茶室》を見て来ました。

茶室の中にも入れます。 

日比野克彦
茶室《J-TRIP茶室》

2007年に
熊本市現代美術館で
熊本の伝統工芸の花ござの茶室を
見ましたが段ボールの茶室は
初めてみました。

高松まで見に行って良かったです。

1988J年名古屋市に出来た
J-TRIP BAR OUROBOROS
のオープニングに行ったのが
懐かしいです。

J-TRIP BAR OUROBOROS

静岡市美術館に
2019 年1 月5 日(土)-3 月24 日(日)
まで展覧会は巡回されます。

日比野さんの茶室の展示があるかは
わかりません。

11日東京に行って来ました。その2

クリエイターと福島の窯元がつくる
「大堀相馬焼167のちいさな豆皿」(12/22まで)
クリエイションギャラリーG8

チャリティーで
1枚1,000円です。

日比野克彦さんの作品は
sold outでしたが
ネット「ポンパレモール」で買えます。

転写のシールです。

「大堀相馬焼167のちいさな豆皿」

日比野克彦
ひびのこづえ

ムンク展(1/20まで)
東京都美術館

開館時間の少し前に行きました。

もう50人ぐらい並んでいましたが
とてもゆったり見れました。

小松美羽展
日本橋三越 催物会場

ほぼ完売でした。
スゴイ!!

小松美羽展

歌舞伎座

『壇浦兜軍記』阿古屋
『あんまと泥棒』
『二人藤娘』

十二月大歌舞伎

阿古屋の坂東玉三郎
とても綺麗でした。

「あんまと泥棒」
登場人物がたったのふたりでしたが
とても面白かったです。

11日東京に行って来ました。その1

松永圭太 陶展(12/11まで)
三越本店 本館6階 アートスクエア

全日在廊されたそうです。

松永圭太 陶展

池田省吾展(12/11まで)
炎色野

今回、織部で完売だったそうです。

作品はほとんどなく
10点ぐらいの作品と絵が少し見れました。

牟田さんみたいに完売でも
初日以降に見に行っても
作品をもっと見れるように
していただけると嬉しいと思いました。

池田省吾展

寿ぎのカタチ展(12/11まで)
日本橋髙島屋S.C.本館6階美術画廊

黒木紗世 河野千種 坂井直樹 堀貴春 坂野有美

堀貴春さんの作品良かったです。

寿ぎのカタチ展

松永泰樹 展
– 黒土の陶それぞれの形 -(12/18まで)
シルバーシェル

松永泰樹 展

秋元雄史監修 もう一つの工芸未来派(12/16まで)
和光

釣 光穂さん、池田晃将さん、小曽川瑠那さんの
作品が良かったです。

秋元雄史監修 
もう一つの工芸未来派

8日稲沢市荻須記念美術館に行って来ました。

市制60周年開館35周年記念 特別展
山形美術館の名品と 荻須が見たパリ画壇(12/9まで)
稲沢市荻須記念美術館
http://www.city.inazawa.aichi.jp/museum/index.html

山形美術館の名品と 荻須が見たパリ画壇

久しぶりに荻須美術館に行きました。

ルオー、ヴラマンク、ピカソ、ローランサン、
ユトリロ、シャガール、キスリング、アイズピリ、
ビュッフェ、ブラジリエなどの展示でした。

奥にアトリエがあったのを
はじめて知りました。

稲沢によく行くので
常設展示だけでなく
もっと企画展をしていただければ
見に行くと思います。

7日名古屋芸術大学で井上雅之さんの講義を聞いて来ました。

中田ナオトさんから
教えていただき名古屋芸術大学で
多摩美術大学教授の井上雅之先生
の講義を拝聴して来ました。

スライドレクチャーで
過去の作品から新しい作品を見たり
制作風景や作品設置風景などを
見れて良かったです。

井上雅之さんの講義

来週12月14日(金)16:40~ A棟302教室  
で陶芸の森の杉山道夫さんの講義があります。

同日12月14日(金)13:30~
多治見市陶磁器研究所でも
現代美術 艸居ディレクターの藤田篤実先生
「視覚以外の感覚に訴える素材についてー今人は何を求めているのか」
「土と炎に魅せられた現代美術家」
「陶芸の海外マーケット」と題した
公開特別講義があります。

名芸の後に
お客様に教えていただいた
東海テレビ 愛の鈴チャリティー
第39回東海美術作家展を
名古屋三越で見て来ました。

常連のお客様
夜中から並ばれるそうです。

藏さんのぐいのみ20万円
孝造さんのぐいのみ10万円でした。

東海美術作家展

東濃新報チャリティー
「名士迷作展」

来年1月5日(土)
10時~14時半 投票
15時 抽選
多治見市文化会館(バロー文化ホール)

問い合わせ
東濃新報社 0572-23-2600

1番か2番に当たれば
藏さん、孝造さんのぐいのみが
1万円が買えるチャンスです。

来年の運だめしに
ぜひご参戦下さい。

6日大阪に行って来ました。

牟田陽日 作陶展
山舐め、花食み、海を干す(12/11まで)
現代陶芸サロン桃青

初日抽選で完売。さすが!!

参戦されたお客様のブログ情報では
最初の抽選で50点中37点が
売約済になったみたいです。

作品展示してありますので
ぜひ見に行って下さい。

とても見ごたえがあります。

牟田陽日 作陶展

鈴木伸治 作陶展(12/11まで)
現代陶芸サロン桃青

こちらもぜひ見て下さい。

鈴木伸治 作陶展

ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代(1/20まで)
国立国際美術館

ニュー・ウェイブ 
現代美術の80年代

チラシに載っている
日比野克彦さんのBJ.MACKEY
とても良かったです。

日比野克彦の公開制作の作品
も見れます。

日比野克彦
公開制作の作品

12/16まで開催中の
高松市美術館の「起点としての80年代」で
日比野克彦さんの公開制作された茶室を
見に行けたらと思っています。

コレクション2
80年代の時代精神から(1/20まで)
国立国際美術館

三島喜美代 《Box CG-86》 1986年
の作品を見れました。

ギャラリー数寄のロゴは
日比野克彦さんデザインです。

日比野克彦さんデザイン
数寄のロゴ

須浜智子展(12/8まで)
ギャラリー白kuro

須浜智子展

伊勢﨑晃一朗 陶展(12/11まで)
阪急梅田

伊勢﨑晃一朗 陶展

西家智津子展 gift
楓gallery

西家智津子展 gift

久しぶりに
西家さんにお会い出来ました。

来年は干支展に
お誘いしようかな。